お知らせ

アルファ ジム~甘えん坊の欲しがり屋さん~

2015年11月12日

WIN_20151112_151903
「甘えん坊の欲しがり屋さん」に出会ったことはないでしょうか?

どういう方か?

目標は高い。そして目標到達しようとするまでの時間的目標もすこぶる短い。いいことです。しかし…
目標に到達するための過程は踏みたくないと。

上の画像を見てもらえるとわかると思いますが、目標の高さ(縦軸)は登山でいう標高です。
目標達成までの期間(横軸)は登山でいう傾斜を形成する要因です。

ですから、①、②は目標の高さは同じですが、①に行くには、②より傾斜のきつい過程を経る必要性があります。
そして①にはグラフに表れない要因があります。それは「リスク」です。

ダイエットでいえば、①は②よりリバウンドの可能性も高まりますし、急激な傾斜なので健康を害する可能性も高まる。もちろん運動もハードです。
それを承知してでも①に向かうならそれでよいと思います。
それを承知できないのであれば、
・目標の高さ(縦軸)を変える
・達成までの期間(横軸)を変える。
・はじめからなかったことにして、諦める。
これしかないのです。

先日も申し上げた通り、自然界の法則を犯す、もしくは法を犯す以外のことは達成できると思っています。
ですから①を選んで、目標となる所にいく場合の道は当然の傾斜なので、避けて通れません。これを避けて通れる方は、万有引力等のさまざまな自然界の法則が当てはまらない人です。まず存在しませんが。
ですから「短期間でラクラク」などうたっているモノは「短期間」で「ラクラク」達成できるレベルの高さの目標でしかありえません。
「ラクラク」で尚且つ「短期間」で高い目標に達しようとするのは自然界の法則に反することなので上記の画像の通り到達できないので、ただただ時間もしくは金銭もしくはその両方を浪費するだけです。

ボディメイクの場合も「甘えん坊の欲しがり屋さん」にならないよう、目標の高さ、達成までの期間を決めたらその道の傾斜(難易度)に従わないといけませんので目標設定の際はそこを理解することが重要です。