お知らせ

筋肉痛のときは??~休息の重要性~

2016年03月15日

スポンサーリンク




こんにちは。

鹿児島のジム アルファジム 愛甲です。

本日は、”筋肉痛”について。

皆さんも、一度は筋肉痛になったことがあるでしょう。

あの筋肉痛。実はまだよくわかっておらず、詳しいメカニズムは解明されていない。

ただ、運動後に起こるということは確か。

何もせず、起きてみたら脚が筋肉痛ということはないでしょう。

それでは、筋肉痛がある部位を筋トレ・運動していいか?

答えは、

”メリットはない”

そもそも運動後に筋肉痛が起こるということは、何らかのダメージを受けているということ。

筋肉痛だけでなく、 ”痛み” というのは、ダメージを受けていますよという体からのサイン。

皮膚で言えば、傷ついて、かさぶたができてきている状態。

それをわざわざ自分から剥がすことはしないでしょう。



筋肉痛も同じ。

筋肉が痛むというのは、ダメージを受けていますよというサイン。

ということは、そこには更なるダメージを与えてはいけない。

ダメージを受けた部位を休息によって回復させる必要がある。

だから、筋肉痛がある部位にさらに負荷をかけて筋トレをすることにメリットはない。

筋トレというと、根性むき出しというイメージがある。

部活などで根性を養うという目的で行うのならいいが、そうでなければ 

         ”筋肉を育てる”

という意識を持って、カラダが休むべきというサインを発したときは素直に休むべき。

筋トレは、ハマると休むと衰えるという強迫観念に陥りやすい。

しかし、休むべき時に休まないから筋肉は育たないし、ケガもしやすくなる。

だから、筋肉痛がある部位は積極的に休めよう!!

そして、少しでも筋トレの結果が早く出るように!!
スポンサーリンク