お知らせ

~みんなメンタルは最強~

2015年12月22日

こんにちは。

鹿児島 アルファジム トレーナーの愛甲です。

今回はメンタルについて。リクエストは、どなたからでも受け付けております。HPから、または個人的にご連絡ください。

メンタルトレーニングという言葉を聞いたことがあるでしょう。どのようなイメージをするでしょうか?

”スポーツ選手が行っている” とか ”心を強くすること” などでしょうか?

私が思うメンタルトレーニングは、”メンタルをコントロールする力をトレーニング” するものだと考えている。だから何もアスリートに限った話ではない。生きていれば、寝ていようが、意識していようが、無意識だろうが、必ずそこには「心」がついている。

だから、これに関してはどんな人だろうと必ずかかわりのある事。

話しは戻りますが、メンタルが強い又は弱いなどと聞いたことがあると思いますが、私自身そのような尺度でとらえていない。メンタルそのものが強い、弱いよりも ”コントロールする力” があるか、またはないか、というふうにとらえている。

言い換えれば、「メンタルトレーニング=メンタルをコントロールする力をトレーニング」であり、強くする、という感じではない。心理学の専門家ではないので断定的には言えませんが、メンタルの強さでいえば、個人差はないと思っている。人間のメンタルは強い。差が出るのは、湧き出る感情をどうコントロールするのか、もっと言えば、どう考えるのか、というところ。

私自身の具体例でいうと、よく「独立するのは怖くないの?」と聞かれることはよくあります。生き物ですから、恐怖を感じないことは、以前「過ぎたるは及ばざるが如し」で綴ったように、”痛み” を感じないくらい危険なこと。

恐怖を感じるから、動物は回避行動をとる。だからある程度のマイナスリスクを想定して、それを回避できる。これが多少なりとも、なければ、”痛み” と同じで、ふいに寿命を短くしてしまう。恐怖というものは何か危険なものから回避せよ、というサインだから。

しかし、恐怖ばかりに敏感になると回避行動しかとらなくなる。これもまた恐怖、不安ばかりにとらわれるのも非生産的。

ここに ”コントロール” する力が必要になる。恐怖がなくても、ありすぎてもいけない。

そして、このコントロールする力は、物事をどの方向から見るか、またそれをどう考えるかというところに、鍵ありと思う。

私の場合ですと、一つの方向から見ると、飯が食えなくなる、不安定、とか大きな借り入れが残るのでは…という、見方もできなくはない。これは事実。しかしこればかり考えていたら何もできなくなる。別に処刑されるわけでもないし、人権がはく奪されるわけでもない。

同じことを別方向から見ると、20代のうちから好きなこと・得意なことだけをして、社会貢献ができる。しかも誰に指図されることもない。もしこれをせずに、棺桶に入る前に「しておけばよかった」なんて考えるのかと思うと、泣くに泣けない。これもまた事実。

こうとらえるとマイナスリスクを最小限にしながら「やってみよう」と行動を起こすこともできるし、何より心の持ちようも違う。結果までのプロセスは立ち止まりさえしなければどうにでもなるが、結果までは誰にもコントロールできない。例えば、どんなに車の運転がうまく細心の注意を払うドライバーだって、相手からぶつかってこられたら事故に巻き込まれる。だから結果だけは誰にもわからないし、最後のお楽しみでしかない。それならやることやって、楽しんだほうがいいに決まっている。

同じことでも、見る方向、とらえ方を変えただけで行動が変わって、独立するという結果に至っただけで、特別メンタルが強いわけでもないことはわかるでしょう。

これをスポーツ・仕事に置き換えても同じでしょう。

プレッシャーのかかる場面でも、「結果が出なければ、クビ・減給だ」という見方もできれば、同じ場面でも、そもそも、そんなにプレッシャーのかかる立場に立てていること自体、指揮官に評価されているわけで、まず結果が望めない実力ならそこにはいないわけで。

そうでしょう。できない人はまずチームに入る(入社する)ことすらできないわけで、そこにすら立つことのできない人もいる。

同じ状況でも「結果がでなければ…」と考え自分にプレッシャーを与えつつ、「ここに立てているだけでも…」と考えるのと、「結果がでなければ…」とだけ考えるのと、どちらが生産的で合理的か?どちらにしても同じことをすることになるのに。

このように、心の強さというより、どう見て、どう考えるかであると思うし、日ごろから一つの事象を裏表、上下、左右、前後というふうにいろいろな方角から見るよう心掛けておけば、結構な「メンタル ”コントロール” トレーニング」になる。

だから「メンタル面が弱い」と思っているあなた。強い・弱いのではなく、実は慎重なモノの見方だけをしているだけなのかもしれませんよ。モノ・事柄はさまざまな方から見えて、見る方角によっては違って見えるかもしれませんね。