ブログ

【初心者必見】ダイエットでついやってしまう痛いミス

こんにちは。

鹿児島のパーソナルジム アルファジム

パーソナルトレーナー 愛甲太樹です。

今回は、ダイエット初心者がついやってしまう痛いミスについて。

まずは…

ダイエットでついやってしまう痛いミス~食事・サプリメント編~

スポンサーリンク



ダイエットの生命線ともいえるのが食事。

ダイエットでこれを間違ってしまうと、いくら運動しても思ったような結果は得られない。

だからダイエットにおいて食事でミスることは許されない。

だからこそよくありがちなミスを紹介するので決してマネしないように。

1.筋トレの日にしかタンパク質摂取をしない

筋トレ=タンパク質 とセットにしているのは大変結構。が、しかしタンパク質摂取は一定量以上(人により摂取量基準は違うが)毎日摂取し続けるのが基本。

もちろん、筋トレ直後にタンパク質摂取のためにプロテインを摂取は推奨するが、このときにだけタンパク質を摂取してもほとんど意味をなさない。

タンパク質は常時摂取と覚えておこう。これはダイエットに限らない。

2、炭水化物に砂糖や果物を含んでいない

炭水化物制限を行っているとのことで、よくよく聞いてみると米、パン、麺は摂取していない。しかしコーラは飲むは、チョコは食べるは…

炭水化物≒糖質という認識がなく、米・麦・イモは炭水化物、砂糖、果物は糖質だから炭水化物制限では米・麦・イモのみを制限という間違い。

これならむしろ、穀類は摂取して砂糖、果物を制限した方がまだマシ。

自己流は事故流。

ダイエットでついやってしまう痛いミス~トレーニング編~

ダイエットにおいて運動でのミスははっきり言って食事より多い。

今でこそ、女性も筋トレするようになったが、私が鹿児島中央駅近くでアルファジムを開業したころは、「筋トレをしたらムキムキになるから体幹トレーニングの方がダイエットにはいいよ」などという今では考えられないような都市伝説がまかり通っていた。

現在はこれほどはないが、筋トレやそのほかのトレーニングに対する認識の違いや偏見は多くみられるのでダイエットの時はお間違いのないように。

スポンサーリンク



1.とにかく有酸素運動信者

はっきり言って、ダイエット時の運動に有酸素運動をメインにすることはナンセンス。

ひたすら消費するために時間を使わなければならない。

筋トレ(無酸素運動)=質で結果が決まるのに対して有酸素運動は=量で結果が決まる。

だから有酸素運動メインでのダイエットは超時間を食うことになる。

15分ランニングしてもおにぎり一個分のカロリーすら消費できない。

まあ、食事からおにぎり一個分抜いた方がはやいって話しになる。そのくらいコスパ悪い。

2、インナーマッスル信者になる

今ではマンバギャル並みに少なくなったがまだ存在する。

はっきり言ってダイエットとインナーマッスルは無関係。

ダイエットのためにインナーマッスルに特化したトレーニングを行っているのであれば即やめて素直にフリーウエイト、マシンの筋トレに移行した方がいい。

3、自己流のフリーウエイト

まず、正しいフォームで行っている人を見たことがない。

怪我のリスク高し。自己流は事故流。

まずはBIG3だけでもパーソナルトレーナーのアドバイスは一度は仰いだ方が最短かつ最速。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

鹿児島のジム

ALPHAGYM パーソナルトレーナー

愛甲太樹

ALPHAGYM中央店 //alphagym2015.com/bodymake/

ALPHAGYM天文館店 https://alphagym-woman.com/

ALPHAGYM姶良店 https://alphagym-aira.com/

スポンサーリンク




関連記事

ページ上部へ戻る