ブログ

【筋トレは最強の差別化】だって筋トレの1年継続率は4%だぜ!

こんにちは。

鹿児島のパーソナルジム アルファジム

パーソナルトレーナー 愛甲太樹です。

本日は、筋トレは、他の人と最強の差別化になるということについて。

筋トレの1年継続率は4%だと…

ただし4%が全員結果出したわけではない

スポンサーリンク



筋トレの1年継続率は4%だが、この数字はただ単に継続した人の割合をはじき出しただけで、この4%全員が筋トレによって体を変えたわけではない。

この中には、そもそも運動不足解消程度に継続している人もいるし、高齢者の健康づくりも入っている。

特に、4%の中にかなりの人数の高齢者が入っているだろう。

そう考えると、筋トレによって、筋トレを行うことでしか手に入れられない体を作り上げられる人はごく少数ということになる。

これはかなりの差別化になるということと同時に、これを達成できる人はごく少数となる。

しかし、この事実にビビッているようでは永遠に筋トレによって体は変えられない。

筋トレして体が変わるとナゼ差別化なのか?

ナゼ差別化になるのかということだが、ただ単に少ないからということではない。

少ないから全て差別化となるか、ということは別だ。

そこに価値があり、かつ保有する人が少ないから差別化となる。

それでは、なぜ筋トレによって変えた体が差別化となるのか?

前述のとおり、筋トレの1年継続率は4%だ。

もちろん一度筋トレによって体を手に入れても、何もしなければ退化することは既に周知のとおり。

皆さんも肌感覚でもわかると思うが、ジム通いや、筋トレを始める人は良く見かけるだろう。

そして実際に多い。

しかし、4%だ。しかも筋トレによって体を変えられた人はもっと少ない。

96%脱落したということ。

多くの方が、体を変えたい、そして変えることに価値をもっているし、実際取り組む。

だから、筋トレによる体の変化の価値には気づいているのだ。

そして、多くの方々が脱落する中、ごくまれに鋼の肉体を手に入れている人を見ると、その希少性が身にしみてわかる。

だから差別化、しいては「すごい」といわれる。

スポンサーリンク



4%を勘違いしないでほしい

この4%というのは、日本のフィットネス全体の数字だ。

これを、鹿児島のパーソナルジム アルファジムの各店舗ではじき出すと、実は1年継続率は20%越えというのが事実だ。

この高い数字は、アルファジムだけでなく、他の成果型のジムでも、ばらつきはあれど、4%よりは高いはずだ。

そして、パーソナル系のジムならではなのだが、ほとんどの方が、体を変えることを目的としているから、継続率と成果率の乖離も少ない。

これにはとても大事な理由がある。

体を変え続けるには、やる気・モチベーションが必要な方が多い。

通常、やる気・モチベーションの向上→行動→結果と考えられているが、違う。

人は、得られるか・得られないかの事象にいきなりやる気・モチベーションの上昇は起こらない。

だから、行動→結果→次に向かってのやる気・モチベーションの向上となる。

成果型・パーソナル系のジムは当然パーソナルトレーナーが行動を促し、かつ正しい方法を知っているので、結果が出る可能性というのが跳ね上がる。

そして、小さな成功体験が次のやる気・モチベーションに繋がり、このサイクルを続けることで、いつの間にか4%の仲間入りを果たしているというのが実際のところだ。

これをひたすら繰り返していると4%の中に入り込む確率なんて実は100%だと思って間違いない。

このような方法で、価値ある4%に入って、プライベートでもビジネスでも差別化されるということを知っていても損はないだろう。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

鹿児島のジム

ALPHAGYM パーソナルトレーナー

愛甲太樹

ALPHAGYM中央店//alphagym2015.com/bodymake/

ALPHAGYM天文館店https://alphagym-woman.com/

ALPHAGYM姶良店https://alphagym-aira.com/

スポンサーリンク




関連記事

ページ上部へ戻る