ブログ

これを意識しないと筋肉が減る?

こんにちは!

鹿児島のパーソナルジム アルファジム パーソナルトレーナーの向高です。

今回は、せっかく頑張ってトレーニングしたのに、トレーニングの効果が半減。

というようにならないように  「筋肉の分解を防ぐためのポイント」

についてお話ししよう。

まず、筋肉は、トレーニングしなくとも常に作り変えられているため、合成されては分解されて、新しい筋肉に入れ替わっていることをご存じだろうか?

筋肉の合成と分解が日常的に行われ、合成が分解を上回ると筋肉が増え、逆に分解が合成を上回ると筋肉は減ってしまう。

では、筋肉の合成が分解を上回るには、どうすればいいのか?

皆さんもご存じの通り、

トレーニングとアミノ酸の摂取などが必要だ!

そうすれば、筋肉の合成が高まり筋肉は増える。

そして、ここではそれに加え 「筋肉の分解を防ぐ」 ことの重要性も説きたい。

なぜなら、筋肉の合成を高める(筋肉を増やす・維持)ためにいくら頑張っても、対比である分解も多くなってしまう状況であれば、せっかくのトレーニングの効果が半減してしまう。

一般の人のトレーニングではあまり起こりにくいが、トレーニングの量や強度が過度になり、栄養条件が悪いと半減どころか逆効果にだってなり得る。

つい、「筋肉の合成」ばかりに目が行きがちだが、「筋肉の分解を防ぐ」ことも意識して頂きたい。

「筋肉の分解を防ぐ」うえで一番大事なことは、トレーニング時間。

トレーニング時間が長くなりすぎると、テストステロンという筋肉の合成を促すホルモンが低下し、逆にコルチゾールという筋肉の分解を促すホルモンが上昇してしまう。

 

そうなってしまわないために、トレーニングは一回一時間以内におさめたい。

 

長時間トレーニングする場合でも、先ほど述べたテストステロンの低下とコルチゾールの上昇を

「アミノ酸」を摂取することで、抑えることができる。

長時間のトレーニングになってしまう場合、

トレーニング前にホエイプロテイン。

直前ではなく1~2時間前に摂取すると消化・吸収された状態でトレーニングすることができる。直前になってしまう場合は、ホエイプロテインではなく、より消化・吸収の早い「アミノ酸」の摂取が好ましい。

トレーニング中は、アミノ酸+糖質。

アミノ酸の摂取により、筋肉の分解が抑えられることは先ほども述べたが、糖質が枯渇してしまっても、エネルギーを作る出すのに、脂肪そして筋肉まで分解されてしまう。アミノ酸に加え、糖質も枯渇してしまわないように注意したい。

このように「アミノ酸」「糖質」といったトレーニング時の栄養条件を整えることも、「筋肉の分解を防ぐ」うえで外せない要素だ!

「トレーニング時間」と「アミノ酸」

この二つを意識して、「筋肉の合成」だけではなく、「筋肉の分解」にも目を向けてもらいたい。

アミノ酸に加え、糖質の摂取も忘れずに!

 

ALPHAGYM パーソナルトレーナー

向高 怜

ALPHAGYM鹿児島中央店公式HP

ALPHAGYMwoman(天文館・女性専用)公式HP

ALPHAGYM姶良店公式HP

 


関連記事

ページ上部へ戻る