ブログ

ボディメイクにおける炭水化物の摂取の仕方~低GI値編~

こんにちは。鹿児島のパーソナルジム アルファジム

パーソナルトレーナー 愛甲太樹です。

本日は、ボディメイクにおける炭水化物摂取について~低G編~

炭水化物にも種類があることはご存知だろうか。

今回は炭水化物を「GI値」で分けて2回にわたって摂取の仕方をご紹介します。

「GI値」とはなにか。簡単に言うと、摂取してから血糖値として反映される時間のこと。グリセミックインデックスの略。同じ炭水化物でも反映までの時間がちがう。

摂取から血糖値に反映されるまでに時間が短いとエネルギーとしてすぐに利用できる反面、エネルギーとして利用することがなければグリコーゲンとして貯蓄され、それが満杯になれば体脂肪に貯蓄される。

この摂取から血糖値反映までが短いと高GIの炭水化物。ブドウ糖をはじめ白米、パンなどの白い炭水化物に多い。

逆に摂取から血糖値反映までの時間が長いとエネルギーとして利用されるまでが長い反面、体脂肪として蓄積されるまでも長い。これを低GIの炭水化物といい、そば、イモなど色付きの炭水化物に多い。

だから減量時に炭水化物を摂取するなら活動前に低GIの炭水化物を摂取するように心がければよい。

いくら低GIでも就寝前に摂取してしまうとエネルギーとして多くは使われなければ体脂肪となるので注意しなければならない。

炭水化物もこの値によって血糖値反映までにかわるので場面によって使い分けられるようにしたい。

 

鹿児島のジム

ALPHAGYM パーソナルトレーナー

愛甲太樹

ALPHAGYM中央店 //alphagym2015.com/bodymake/

ALPHAGYM天文館店 https://alphagym-woman.com/

ALPHAGYM姶良店 https://alphagym-aira.com/

スポンサーリンク




関連記事

ページ上部へ戻る