ブログ

筋トレはコツコツ継続すると結果が出るというのは間違っている!

こんにちは。

鹿児島のパーソナルジム アルファジム

パーソナルトレーナー 愛甲太樹です。

本日は、筋トレはコツコツ継続すると結果が出るというのは間違っているということについて。

これは、筋トレだけでないのかもしれないが、何事もコツコツ継続しなければ結果が出ないと思われがちだが違う。

筋トレでコツコツ継続しないと結果が出ないのは実はヤバい!

スポンサーリンク



そもそも筋トレでなぜ体が変わるのかを考えてみよう。

筋トレで、重量や筋線維がはち切れそうなくらいパンプアップすると体はどのような反応を起こすか?

体はこのような刺激を受けると、体が破壊されないように、今より強くして次に同じような刺激が来た時に備える。

だから筋肉というのは重量刺激やパンプアップされると成長するように指令を出してタンパク質という材料を使って新たに筋線維を強くする。

このような反応がなければ、体は刺激を受けるたびにボロボロになり続けて、しまいには弱ってしまう。

筋トレとは、防衛反応を疑似的に引き起こすための作業なのだ。

そして、動物の防衛反応は気長に待ってくれない。素早く反応してくれないと自分の体を防衛できないからだ。

仮に、重量刺激やパンプアップの刺激を与え、筋肉の材料となるタンパク質を与えてもこの防衛反応が起こらないのであれば相当ヤバい。

体が破壊されそうな状況下で自分の体を守れないわけだから筋トレなんてしている場合ではない。

コツコツ継続ではなく、筋肉に「ヤバい刺激が来たぞ!」と思わせることが筋トレの神髄

筋肉に防衛反応を起こさせるから発達する。

逆に、コツコツ継続しなければ発達しないのであれば間違いなく刺激が弱いか、タンパク質不足だ。

筋トレはいかに筋肉に「ヤバい刺激が来たぞ!」と思わせるかがカギ。

今のままでも余裕で耐えられると判断されると、体がカロリーを消費して筋肉をわざわざ発達させる理由がない。

筋肉に発達してもらわなければならない理由をしっかりつけてあげること。

動物には無駄に器官を発達させる機能は備わっていない。

だから、すぐに変わらなければならない理由をつけよう。

それが筋トレだ

スポンサーリンク



筋肉は一瞬ではないが、すぐに変わる!

さすがに次の瞬間に変わることはないが、筋肉はすぐに変化する。

だから、今日、今から筋トレでコツコツ地道に発達させようと考えないことだ。

すぐに、すぐに変えるにはどうすればいいのか?

また、すぐに変わらない場合何がいけないのか?

ということを前提に考えよう。

地道にコツコツと呑気に考えていると筋肉は発達しない。

筋トレは量でも、実施期間の長さでもない。

「ヤバい刺激が来たぞ!」

と、こう思わせることが発達のカギであって、地道に修行のようにするのは筋トレじゃない。

そして、この事実を知るともっとこれから筋トレが好きになるのでは?

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

鹿児島のジム

ALPHAGYM パーソナルトレーナー

愛甲太樹

ALPHAGYM中央店//alphagym2015.com/bodymake/

ALPHAGYM天文館店https://alphagym-woman.com/

ALPHAGYM姶良店https://alphagym-aira.com/

スポンサーリンク




関連記事

ページ上部へ戻る