ブログ

筋肉痛がなくても筋肉は十分発達する

こんにちは。

鹿児島のパーソナルジム アルファジム

パーソナルトレーナー 愛甲太樹です。

今回は、筋肉痛がなくても筋肉は十分に発達するということについて。

なぜ筋肉痛がなくても発達するのかを説明しよう。

そもそも痛さの閾値は人それぞれ

スポンサーリンク



痛さは、各個人の主観だ。

筋トレにおいても、その後の筋肉痛の感じ方は人それぞれ。

痛いと感じる人もいるし、弱い痛さ、もしくは全く感じないという人もいる。

どの程度の刺激で、痛みを感じるかという閾値は異なるので、そもそも痛いか痛くないかは判断基準になりえない。

筋肉痛と筋肉の発達が関係ないまず一つ目の理由がこれだ。

筋肉痛は、初めて受けて刺激もしくは久しぶりに受けた刺激で感じやすい

筋トレの経験がすでにある方は、経験則的に理解できると思うが、初めてする種目、もしくは久しぶりに行った種目の後日は筋肉痛が感じやすい。

もし、筋肉痛と筋肉の発達に相関があるのならば、毎回筋肉痛を求めるべきだ。

そうなると、常に初めてする種目をし続けるか、常に久しぶりに行う種目を毎回するべきだ。

しかし、現実はそんなことをしなくても筋肉は発達する。

もちろん、筋肉は“慣れ”を感じると、発達は鈍くなる。

しかし、そう短期間で発達が鈍くなるほど慣れは来ない。

だから、毎回、毎回筋肉痛を求めて種目を変え続ける必要はないし、そうしなくても現実、筋肉は発達するから大丈夫だ。

これが、筋肉痛を求めなくてもいいもう一つの理由だ。

スポンサーリンク



筋肉痛を感じにくい部位がある

同じ骨格筋でも部位によって筋肉痛を感じにくい部位がある。

代表的な部位は【三角筋】だ。

もちろん全く感じないというわけではないが、この三角筋は、他の部位より筋肉痛は感じにくい部位だ。

だからと言って、三角筋が発達しないということはないだろう。

だから、筋肉痛というのは、筋肉の発達と相関しないということも言えるのだが、そもそも筋肉痛自体が解明されていないというのが事実だ。

もちろん筋肉痛を感じれば、その部位にワークアウトの刺激が入ったことは間違いないが、発達するかどうかは関係ない。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

鹿児島のジム

ALPHAGYM パーソナルトレーナー

愛甲太樹

ALPHAGYM中央店//alphagym2015.com/bodymake/

ALPHAGYM天文館店https://alphagym-woman.com/

ALPHAGYM姶良店https://alphagym-aira.com/

スポンサーリンク




関連記事

ページ上部へ戻る