ブログ

【パーソナルトレーナー直伝】食べまくって、運動しないダイエットはコレ!

こんにちは。

鹿児島のパーソナルジム アルファジム

パーソナルトレーナー 愛甲太樹です。

本日は、食べまくってしかも運動せずにダイエットは実は行えるというパーソナルトレーナーらしからぬダイエット法について。

この方法は、本当にあり得る話で、むしろ知らず知らずに実践されている方もいる。

今回は、そのことについてお話しよう。

どの器官が最も多くカロリー消費しているのか?

この問いは、ダイエット業界ではとても有名な問いで正解は、当然【筋肉】となる。

現在確認されている事実として、この問いの答えとしては間違っていない。

筋肉は、動くとき以外にも、体温を作り出すという生命維持に貢献する役割を果たしている。

しかも、この熱を作り出すという作業には必ずエネルギーを必要とする。

そのエネルギーというのは、食物から摂取したエネルギーや体脂肪として蓄積させていたエネルギーを使う。

ただ、ひたすら正しい。筋肉量が多ければダイエットも効率的にできるといった話だ。

ただ、今日はこんな陳腐な話をしたいわけではない。

食べまくって、運動せず且つダイエットになる方法を伝えたい。

これには、もう一つ事実を知っておく必要がある。

先ほどは、最もカロリーを消費している器官についての話だったが、ここから先は、どの器官がもっともカロリーを消費することができるのか?

という、話しになる。

現在、最もカロリー消費をしている筋肉以上に、目覚めれば筋肉の比にならないくらいカロリー消費を行うことのできる器官がある。

スポンサーリンク



脳をフル活用してしまうと餓死するレベル

「頭をフル回転させろ!」なんてよく聞く話だと思う。

しかし、「頭をフル回転させろ!」=「本日中に死ね!」と言っていることと、実は同じなのだ。

脳には、1日で小型原子量力発電所1基分のエネルギーを消費する能力が備わっている。

この脳がフル活用されてしまうと、人は餓死してしまうらしい。

とてもじゃないが、筋肉の比にならない。

理論的には、今使っている脳の機能を1%上げるだけで、いくら摂取してもカロリーが足りなくなる。

動かなくても、食べまくってもむしろ痩せていってしまう。

下手すればこれだけでも飢餓に陥る可能性も十分にある。

なんせ、小型原子力発電所1基分に相当する器官だから1%の重みが違う。

頭をほんの今より少し使うだけで、実はダイエットは捗る可能性が十分にある。

要因はそれぞれにあるにしても、ノーベル賞受賞者に肥満体の人をほとんど見ないのは、この事実と大いに関係あるのではないか。

あるものは全て活かせ!

1、よく動き

2、よく考え

3、よく食べて

4、よく休む

これができれば、肥満も、ダイエットも無縁な人生なのかもしれない。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

鹿児島のジム

ALPHAGYM パーソナルトレーナー

愛甲太樹

ALPHAGYM中央店//alphagym2015.com/bodymake/

ALPHAGYM天文館店https://alphagym-woman.com/

ALPHAGYM姶良店https://alphagym-aira.com/

スポンサーリンク




関連記事

ページ上部へ戻る