ブログ

炭水化物を摂らなければ筋量を増やすことは不可能

こんにちは。

鹿児島のパーソナルジム アルファジム

パーソナルトレーナー 愛甲太樹です。

本日は、炭水化物を摂らなければ筋量は増やせないということについて。

炭水化物は体にとって良くないという風潮は春が、それは炭水化物の種類、量、摂取タイミングの問題だ。

筋量を増やしたいと思うなら炭水化物の摂取は、タンパク質と同様に必須である。

なぜ炭水化物が必須なのか

スポンサーリンク



炭水化物の体内における働きを知らなければならない。

まず、炭水化物は、タンパク質同様、g当たり4㎉だ。

しかし、違いは、タンパク質は体の材料になるのに対して、炭水化物はいわば体を動かすための燃料だ。

筋トレ特に高重量を扱うようなワークアウトでは、ブドウ糖がエネルギーとして活躍する。

このブドウ糖になるのが炭水化物だ。

このブドウ糖が枯渇した状態で筋トレを行うと、当然その代わりにエネルギーになるもので体を動かさなければならない。

そのかわりになるものというのが筋肉を分解してエネルギーにしてしまう。

だから、炭水化物を摂取せずに筋トレを行うというのは、筋肉を削りながら筋肉を増やそうとしていることと同じだ。

だから、炭水化物を摂取せずに筋トレすると筋量は増えない。

どのように摂取するとよいのか

前述のように、炭水化物はエネルギー源である。

もちろん摂取したエネルギーを使わずにいたら体脂肪として蓄積される。

しかし、確実にブドウ糖が必要になる場面が予定されている時はあらかじめ、炭水化物を摂取しておく必要がある。

だから筋トレ前の炭水化物摂取は必須だ。

筋トレ前の炭水化物は、すぐにブドウ糖へと変わってくれる炭水化物がいい。

おススメは、ウィダーインゼリーなどのゼリー飲料、駄菓子のラムネあたりが手に入りやすく、すぐにエネルギー源として活躍してくれる。

筋トレ開始20分前~筋トレ中も摂取してもよい。

スポンサーリンク



反対に、ブドウ糖に変換されるのが遅い炭水化物、米、パン、麺類などは開始1時間前に摂取する必要がある。

炭水化物の種類によって筋トレを行うどのくらい前に摂取するか変わってくる。

また、筋肉を成長させたいのなら、筋トレ前だけでなく普段からも炭水化物は摂取する必要がある。

生きているだけでカロリー、特にブドウ糖は消費される。

だから普段もうまく炭水化物と付き合わなければならない。

就寝前以外は、低いGI値の炭水化物を少量ずつ摂取することだ。

そうでなければ、前述のように筋肉を分解してしまう。

炭水化物なしでは筋肉の成長は不可能

このように、炭水化物なしでの筋肉の成長は不可能だ。

もちろん、炭水化物は摂取しなくても生きてはいける。

しかし、現状より筋肉を成長させたかったら炭水化物の存在は重要。

タンパク質だけでなく炭水化物も摂取しよう。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

鹿児島のジム

ALPHAGYM パーソナルトレーナー

愛甲太樹

ALPHAGYM中央店//alphagym2015.com/bodymake/

ALPHAGYM天文館店https://alphagym-woman.com/

ALPHAGYM姶良店https://alphagym-aira.com/

スポンサーリンク




関連記事

ページ上部へ戻る