ブログ

体重計信者になっていないか?

こんにちは。

鹿児島のパーソナルジム アルファジム

パーソナルトレーナー 愛甲太樹です。

本日は、ダイエット時に体重計・体組成計の数字を全て信じ込んでいないかということについて。

これがいかに判断を狂わすかかということについて解説しよう。

体組成計の仕組みを知ること

スポンサーリンク



一般的に家庭に置かれている、体組成計の計測と結果の表示に仕組みをご存じだろうか?

体組成計は微弱電流を本体から体内に流し、還ってくる時間によって計測する。

電気抵抗が還ってくる時間に左右されるから、水分を摂取する前と後では表示される結果も違ってくる。

人は一日を通して食事、水分補給を行う、だから測定する時間によって体重はもちろん、体脂肪率、筋肉量も日内変動を起こす。

要は、体重計・体組成計で表示される結果は必ずしも正しいというわけではない。

測定を行うなら常に同じ時間帯、同じ条件でそろえた方が良いことになる。

体組成計で表示される数字は自分の数字ではない?!

このようにして測定されるのだが、同じ時間帯、同じ条件で測定してもまだ全て信じない方がいい理由がある。

それは、流した微弱電流によって測定された結果は実は、自分の測定値ではないということ。

体組成計の中には機種によるが、かなりの量の測定結果が詰め込まれている。

表示される測定結果というのは、そのデータと照らし合わせた予測値なのだ。

この速度で電流が流れる人は、おおよそ体脂肪率○%で、筋肉量は○㎏の人がほとんどですよ。ということだ。

自分の実際の体脂肪・筋肉量ではなく、データと照らし合わせた結果の予測ということ。

そして、高級な体組成計になればなるほど、参照データが多く詰め込まれている。

だから、安い体組成計はデータ数が少ないため、少しの条件の違いで、数値が大幅に変動する。

その証拠に、日本でトップを競う男性ボディビルダーがコンテスト前に体組成計で測定すると体脂肪率が30%を超えて表示されるとのことだ。

男性の体脂肪率30%というのは、医師に注意されるくらいの肥満体型だ。

まさか日本の筋トレ界のトップそんなはずはなかろう。

それくらい曖昧な数字であり、全てではない。

だから、その数字に一喜一憂するのもどうかと思うが。

スポンサーリンク



ただし、全否定はしない

このように、表示される数字が真実でないことは分かったと思う。だから一番は、見た目の変化や服のサイズ等で変化を知るといい。

ただ、見た目になると主観が入るのと、どのくらい変化したかがわかりにくい。

体組成計も正確でないものの、おおよそ同じ条件で測りつづけると、どのくらい変化したのかという、変化率は分かる。

だから、測ること自体はいい。

ただその数値が自分の体の実際の数値でない事実と同じ条件で測定しなければ変化率を測定S

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

鹿児島のジム

ALPHAGYM パーソナルトレーナー

愛甲太樹

ALPHAGYM中央店//alphagym2015.com/bodymake/

ALPHAGYM天文館店https://alphagym-woman.com/

ALPHAGYM姶良店https://alphagym-aira.com/

スポンサーリンク




関連記事

ページ上部へ戻る