ブログ

【筋トレ】風邪を引いた時の対処法

こんにちは。

鹿児島のパーソナルジム アルファジム

パーソナルトレーナー 愛甲太樹です。

本日は、筋トレをしていて、風邪を引いたときの対処法について。

風邪で体がキツイだけど筋肉は成長させたい。

という、筋トレをしていない人にとっては、にわかに信じられない欲なのかもしれない。

しかし、筋トレを継続していれば、こう思う人も少なくない。

スポンサーリンク



発熱しているときはまずコレ!!

発熱しているときは、体の中でどんなことが起こっているかご存じだろうか?

熱を発して、外敵となりうる、菌やウイルスを退治している状態だ。

このときの発熱は、もちろんこれまで摂取してきた食物からに加え、体脂肪、筋肉を分解してエネルギーにし、熱を発している。

だから通常時ではあり得ないくらい代謝が高い状態である。

こんな時に必要なものがGI値の高い炭水化物だ。

この体が非常時には、減量中だとか一切関係ない。

異常代謝状態が継続しているときに、摂取エネルギーが少ないと、筋肉はどんどん分解され糖新生に使われてしまう。

熱発が続いたあとに体重減少を経験したことがあるだろう。

あれは、まさしく筋肉、体脂肪が外敵と戦うために消費され、熱によって体の水分が蒸発したからだ。

筋肉を失いたくなければ、まずGI値の高い炭水化物だ。

スポンサーリンク



筋トレしている場合じゃない

筋トレは作為的に体を破壊する行為だ。

風邪など、菌、ウイルスに侵されてただでさえ弱っているときに、更に破壊行為をすれば完治するまでさらに時間を要すことになる。

聞いたことがあるとは思うが、筋トレ後は、代謝が上がる一方、免疫力は低下する。

しかも、弱った体でできることは 、普段の何分の一程度だろうか?

それよりも、早く万全の状態で復帰したほうがよっぽど、効率的な筋トレが行える。

だから、風邪を引いたときは、筋トレはしないことだ。

この場合、筋トレによって得られるメリットは何一つない。

たんぱく質摂取は控えるべきか?

これは胃腸の状態による。

そもそも風邪の時は、筋肉の分解を最小限に抑えるために炭水化物の摂取を優先する。

しかし、タンパク質はどうなのだろうか?

胃腸が十分に消化・吸収できていない状態では、タンパク質を摂取しても無駄だろう。

しかも、固形のたんぱく質は、炭水化物と違って消化にまず時間を要する。

目安は、100gの肉を胃で消化するには、約2~3時間かかる。

しかし、これは胃が正常に機能しているときだ。

だから、風邪の時は、炭水化物の摂取を優先して、胃腸の状態に異常がなければ、プロテインなど液体でタンパク質摂取を行ったほうが良い。

スポンサーリンク



ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

鹿児島のジム

ALPHAGYM パーソナルトレーナー

愛甲太樹

ALPHAGYM中央店//alphagym2015.com/bodymake/

ALPHAGYM天文館店https://alphagym-woman.com/

ALPHAGYM姶良店https://alphagym-aira.com/


関連記事

ページ上部へ戻る