シュラッグ

シュラッグ

【鍛えられる部位】

僧帽筋 上部

(起始)後頭骨上項線、項靱帯 (停止)鎖骨の外方1/3

中部

(起始)T1~T6(棘突起)、棘上靱帯 (停止)肩甲骨(肩峰、肩甲棘)

下部

(起始)T7~T12(棘突起)、棘上靱帯 (停止)肩甲骨(肩甲棘)

【シュラッグの正しいやり方・フォーム】

・ボトム

①    足を肩幅に開き両手でバーベル(ダンベル)を握る

②    肩を耳の方に引きつけるようにすくめ、限界まで肩を引き上げる。

・トップ

③    限界まで引き上げたら数秒停止し、ゆっくりと元に戻す。

【トレーニングのポイント】

①    バーベル(ダンベル)は握り込まない。

②    息を吐きながら持ち上げ、取り込みながら戻していく。

③    肘は常に伸ばした状態で行う。

スポンサーリンク

 

 





ページ上部へ戻る