シーテッドローイング

シーテッドローイング

【鍛えられる部位】

・僧帽筋 上部(起始)後頭骨上項線、項靱帯 (停止)鎖骨の外方1/3

中部(起始)T1~T6(棘突起)、棘上靱帯 (停止)肩甲骨(肩峰、肩甲棘)

下部(起始)T7~T12(棘突起)、棘上靱帯 (停止)肩甲骨(肩甲棘)

・広背筋 (起始)T5~L5の棘突起、仙骨、腸骨、腸骨稜、第9~12肋骨

(停止)上腕骨の小結節稜

【正しいやり方・フォーム】

①    マシーンに座りバーを握り体を安定させる。

②    バーを握ったまま背中に少しウエイトがかかる位置まで状態を起こす。

③    ②の状態から肩甲骨を寄せながらバーを引き、同時に体も引いていく。

④    限界まで引いたらそのまま1秒程停止し、ゆっくりと背筋を伸張させながらもどしていく。

 

 

【トレーニングのポイント】

①    体を丸めずに胸を張って行う。

②    しっかりと肩甲骨を寄せる。

③    引く時と戻す時にメリハリをつける。
スポンサーリンク




ページ上部へ戻る