ダンベルフライ

ダンベルフライ

【鍛えられる部位】

メイン:大胸筋

起始 鎖骨内側2/3、胸骨前面

停止 上腕骨大結節稜

サブ:上腕屈筋群(肘固定のため、上腕二頭筋、上腕筋)

【ダンベルフライのフォ―ム】

  • ボトム

背筋はしっかり伸ばした姿勢を保ち胸を突き出し胸部にストレッチをかける。

肘が伸び切らないように、肘は軽度屈曲を保つ。

  • トップ

 

背筋はしっかり伸ばした姿勢で。ボトムで開いた腕を閉じるように。

【ダンベルフライのポイント】

常に肩甲骨は閉じた状態で、背筋はしっかりのばした状態で運動する。

・ボトムの時の胸部ストレッチを強く意識すること

・ボトム時ダンベルが頭の方へ傾かないように。(肩関節が外旋しないように)

スポンサーリンク




ページ上部へ戻る