ハックスクワット

ハックスクワット

ハックスクワットで使われるメインの筋肉は大腿四頭筋です。

大腿直筋外側広筋中間広筋内側広筋の4頭からなる強力な筋肉

 

大腿四頭筋

⓵大腿直筋

起始:腸骨の下前腸骨棘、寛骨臼の上縁

停止:①膝蓋骨の上縁

②膝蓋健を介して脛骨粗面に付着

 

⓶中間広筋

起始:大腿骨の前面および外側面

停止:①膝蓋骨の上縁

②膝蓋健を介して脛骨粗面に付着

 

⓷内側広筋

起始:大腿骨の転子間線から伸びる大腿骨粗面の内側唇

停止:①膝蓋骨の上縁および内側縁

②膝蓋健を介して脛骨粗面に付着

 

⓸外側広筋

起始:大腿骨の大転子の外側面、転子間線、殿筋粗面および粗線の外側唇

停止:①膝蓋骨の上縁および外側縁

②膝蓋健を介して脛骨粗面に付着

 

 

【ハックスクワットのフォ―ム】

トップ

①両肩いパッドが当たるようにセットする。背筋を伸ばして背中をシートにつけ、手前のバーを握る。足幅は腰幅程度で両膝を軽く曲げる。両足は前に置くほど大殿筋の負荷が高まる。

ボトム

②背中をシートにつけ、背筋を伸ばしたまま深くしゃがみ込む。ここから両膝を伸ばし、①の体勢に戻る

 

POINT

・体を下すときはゆっくりと膝を曲げていくようにし、下半身の筋肉にしっかりと負荷をかけ続けていくことも大事。

・動作中は頭が前方へ傾き過ぎないようにしておく。
スポンサーリンク




ページ上部へ戻る