片足デッドリフト

片足デッドリフト

片足デッドリフトでメインの使われる筋肉は大殿筋です。

 

起始:①浅部→腸骨稜、上後腸骨棘、仙骨、尾骨

②深部→腸骨翼の殿筋面、仙結節靭帯

 

停止:①上側→大腿筋膜の外側部で腸脛靭帯に移行

②下側→大腿骨の殿筋粗面

 

やり方

①片足立ちになり、対角の手でダンベルを持つ。もう片方の手をセーフティーガードにおき、背筋を伸ばして股関節から上体を倒す。

②背筋を伸ばしたまま、股関節を伸展して上体を起こす。股関節で起き上がることにより、大殿筋に刺激が入る。

 

 

期待できる効果

・足の内側を引き締める効果

・大殿筋や大腿四頭筋を鍛えることで、基礎代謝を向上させる

・バランスをとることによって体幹を安定させる
スポンサーリンク




ページ上部へ戻る