ワイドスクワット

ワイドスクワット

メインに使う筋肉は内転筋群です。

股関節を内転する筋肉は大内転筋長内転筋短内転筋です

 

大内転筋

起始:①内転筋部→恥骨下枝

②ハムストリング部→坐骨枝の前面および坐骨結節

停止:①内転筋部→大腿骨粗線の内側唇

②ハムストリング部→大腿骨の内側上顆

 

長内転筋

起始:恥骨上枝

停止:大腿骨粗線の内側唇中部1/3の範囲

 

短内転筋

起始:恥骨下枝の下部

停止:大腿骨粗線の内側唇上部1/3の範囲

 

やり方

  • 体の中心でダンベルを持ち、背筋を伸ばして立つ。足幅は肩幅の2倍程度に広げ、つま先を外側に開く。

 

  • 背筋を伸ばしたまま、大腿が水平程度になるまでしゃがみ込む。ガニ股になり、深く重心を沈める。ここから股関節を内転して立ち上がり、①の体勢にの戻る。

 

POINT

・膝の向きはつま先と同じ外側に向ける

・胸を張り腰を丸めず、お尻から上に上がっていくように意識

・腰を落としすぎて腰がつま先より前に出ないようにする

・目線は前に向ける
スポンサーリンク




ページ上部へ戻る